逃げるいじめた皆さんについて

私に関する嘘を女性イントラさんに川口で密告して私から今は逃げまわるY子さんことCさん。

 

私の入館履歴を見たのを船橋A川さんと私がよいと言われたから見たと支配人Kさんに言い張るMさんことイントラBさん。入館履歴をみて店の入口前で25分近く座り込んだり、どの店にいるか他人に言いふらして良いと誰が言ったのでしょうか?

 

Aさん?や近しい方が大型掲示板に晒し。アクセスがろくにない、もしくはゼロのブログを次々と私の口癖を頼りに探し出す?Mさんが座り込んだ店名だけを最初に掲示板に晒し、どいつだろうと煽る。あの店に行っているのを知っているMさん関係者は本人とAさんしかいないはずです。Mさんメンバーは知りません。2人しか知らないことを晒されました。証拠はこれだけですから、Mさんのせいにすれば逃げられますが。

 

私に14年後半から勝手にライバル視されて小さい嫌がらせを繰り返していたDさんことMRさん。私がいなくなったら嬉しくて出待ちを繰り返したり、より楽しんでいたようです。そっくりなピグでMさんのブログにいいねを付けてみたり。ところが掲示板にAさん?が私のことを晒したらいいねをやめ、またほとぼりが冷めたら付けてみたり。そっくりなピグの時点で意味がないのに。新小岩店でおばさまに死ねと言われたといじめられたアピールをかつてしていましたが、私にしたようなことをしていれば、おばさまは怒るだろうと納得しています。いつもすぐに嘘をついて逃げてばかりのDさん、いつまで嘘が通用するのでしょうか?以前、氷川台ジムエリアでMさんの出待ちをしているときに声をかけたら、パーソナルで踏み台昇降をしていた人を見ていたと見え透いた嘘をつき、その間にMさんが急いで通り過ぎたら私の話を中断して置き去りにして追っ掛けていったり。どう見ても出待ちなのに。嘘が当たり前の方なのでしょう。