2ちゃんねる晒し主犯たちについて

auandroidのKYV31という機種の持ち主が2chに晒された直後に確認するかのようにアクセスしてきたことが何度もありました。他にも晒し犯人の有力候補と言わざるを得ない証拠も持っていますので、こちらに公開します。

 

私のブログアクセスブロック履歴より

f:id:happybadhappy:20171012230300j:image

 

そのおよそ5分後。ティップネス総合スレより。

f:id:happybadhappy:20171012230352j:image

アクセス拒否の腹いせに、googleの検索結果を貼り付けたと説明するのが一番自然と思われる書き込みです。

 

その方と疑う方の悪口を私が言ったのを理由に、M先生から訴えてやるからはじまり、無視やレッスン妨害、私の人権侵害発言まで様々な形でいじめられました。現在、客の私の悪口は彼らのブログからメンバーさま、掲示板にまでたくさん流されていますけど。私は悪口を言っていないにもかかわらず。いつか私を潰そうと構えているとわかっていて、わざわざ言いふらすアホがどこにいるかと。どうやらしつこく仕返しをこのように繰り返す方のようですから。私がなかなか尻尾を出さないから話を切り貼りして話を作ったり盛ったりしてM先生に密告したと考えています。そして私が前から恨まれていた理由は噂話をあまりに流すことへの匿名批判をブログでしたから。どうやら勘違いしているのは、噂話を批判するのは私1人しかいないと考えていること。あれだけ堂々と悪口ばかりティップの中で言っていれば、私以外からも何らかの苦情は来ます。私への同情をうまく集めて密告のお願いをしたりとか、そんな器用なことは今も昔も当然していません。

 

今日までM先生を中心に人権侵害発言を何度も流されてから、館内でひそひそ会員さんから噂話をされ、軽蔑の眼差しを浴びせられ、エレベーターからスタジオ、ロッカーまで会員さんから意地悪をされ、じっと耐える毎日です。本当のことで私が追い詰められたのなら諦めます。ネタを提供して陥れたかたは平然とアチコチ有名なレッスンばかり遠征してレッスンを楽しんでいます。私を館内で尾行して圧力をかけたり、鏡越しにレッスン中にわざと私に重なり、M先生の見本が全く見えないようにいじめたり、M先生と喋ると柱のカゲから睨みつけていた方は、目の上のタンコブといわんばかりの存在だった私がいなくなってから、M先生のいじめについて質問されてもうまく嘘をついてにげ、出待ちをエスカレートし、明らかにウキウキと舞い上がった楽しい毎日を得られています。なぜいじめた人が正義にいつの間にかなっているのでしょうか?

 

もういじめはしないとM先生から謝罪はないのでしょうか?訴える権利すらない内容を理由に責めたことから間違いですが、兎に角私は、理由は何でも良いからいじめられるということなのでしょうか?そうなると、私は自分を自分で守るしかありません。仲間の先生のブログ不正の真実を集めたたくさんの証拠画像とともにご紹介していくのも、守るためには仕方のないことです。今のままでは実名もだしていないし、気づく方は僅かでしょうけど、いじめが終わらないのであれば、実名をだして広めることにより自分を守っていかねばなりません。そんなことはしたくはないのです。謝らない、挑発などのいじめは続ける姿勢でしたら、実行に踏み切らざるを得ません。